珈琲淹れ方

アイスコーヒーは冷蔵庫で作る

ども、ひゃくじゅんです。

(@hyakujun_100)

まだ暑い日が続きますね〜

40度!とかビックリするぐらいの気温になることはなくなりましたが、

まだまだ35度とか暑いです。

暑い日にホットコーヒーもいいけど、やっぱりアイスコーヒーも飲みたくなりますよね〜

そこで、わたしがおすすめするアイスコーヒーの作り方を紹介したいと思います!

一般的なアイスコーヒーの作り方とは

まずは、一般的なアイスコーヒーの作り方です。

アイスコーヒーは、ホットコーヒーを氷で一気に冷やして作ります。

その時のポイントは

焙煎度の深いコーヒー豆を使う

アイスコーヒーって、苦味がありますよね。

それは、焙煎度の深いコーヒー豆を使って淹れていることが原因のひとつだと思います。

焙煎度でいうと、フレンチローストやイタリアンローストといった

パッと見

真っ黒やん!

というコーヒー豆を使うことが一般的です。

お店ですと、『アイス用』と紹介して売っていますね。それを購入すれば大丈夫です。

大体、焙煎度の深いコーヒー豆が売られていると思います。

焙煎度の深いコーヒー豆を使って、苦味のパンチあるコーヒーを抽出していきます。

コーヒー豆は多めに、お湯は少なめに

アイスコーヒーは、氷で一気に冷やすために氷が溶けて薄まることと、溶けた分の量が増えることを考慮する必要があります。

なので、濃いめのコーヒーにするために焙煎度の深いコーヒー豆を使って、コーヒー豆を多めに使って淹れます。

例えば、1人分のホットコーヒーが約10gなら15gにする。

濃いめのコーヒーを作るために、コーヒー豆も多く使うのが普通です。

(なので、本当はホットコーヒーよりアイスコーヒーの方がコストが掛かるとわたしは思います。)

そして、氷が溶けて量が増えるので、その分ホットコーヒーを淹れるときのお湯の量は少なめにします

例えば、ホットコーヒーが1人分150mlなら、アイスコーヒー用のホットコーヒーは120mlぐらいにする。

氷が溶けて、ちょうど良い量になるようにします。

以上が、一般的なアイスコーヒーの淹れ方です。

コンビニのアイスコーヒーを思い出して頂ければ、大体同じ要領だと思います。

ホット用とアイス用とコーヒー豆が分かれていますよね。アイス用の豆は黒いです。

わたくし過去にアイス用の氷が詰まったカップに、間違えてホットコーヒーのボタンを押したことがあります。そしたら、溢れそうになってビビった💦という経験があります。

アイスコーヒーの方が抽出量が少ないということですね。

 

では、ひゃくじゅんおすすめのアイスコーヒーの作り方はというと

おすすめのアイスコーヒーの作り方とは

ホットコーヒーをそのまま冷蔵庫で寝かす。

です。

あまりに単純すぎてごめんなさい。

わたしが好きなホットコーヒーの焙煎度は、ハイロースト・シティロースト・フルシティローストあたりです。

そのままの味の雰囲気のアイスコーヒーを飲みたいのです。

なんだか、

アイスコーヒーは苦いもの

という感じがありますが、

 

苦味が主張しすぎない、ほのかに苦味のあるアイスコーヒーが好きなのです。

 

アイスコーヒーが飲みたいなぁと思ったら、ふつうにホットコーヒーを淹れて、冷蔵庫で寝かして飲んでいます。

しかし、この作り方の欠点は

欠点は、すぐ飲めない。

これが、問題です。

だから、アイスコーヒーが飲みたいなぁと思ってから淹れていては遅いので、

自分に先手を打つしかありません。

朝は必ずホットコーヒーを淹れるので、この時に多めにコーヒーを淹れて、残りを冷蔵庫に寝かす。

とか

寝る前にホットコーヒーを淹れて、冷蔵庫で寝かす。

です。

1〜2日なら大丈夫だと思います。

ほのかな苦味の飲みやすいアイスコーヒーおすすめです。

コーヒーの色も透明感があって涼しげです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください