トラリピ

トラリピの決済トレールで決済されない…

どうも、ひゃくじゅんです。

(@hyakujun_100)

マネースクエアのトラリピで

鈴さん(鈴さんtwitter)

に倣って

ニュージーランドドル/米ドル

のFX自動売買の勉強中です。

マネースクエア

そのニュージーランドドル/米ドルが、運用を始めてから絶賛下落中でして、ドンドンとポジションを溜め込んでおります。

本来は

「長期間放ったらかしの運用で良い」

のですが、まだ始めたばかりということもあり、どうしても価格の変動が気になってしまいます。

すると、最近では少しずつ価格上がっていて

そろそろトラリピ初の約定されそうな雰囲気が出てきました。

今、持っているポジションで

[0.6540ドル]がありますので

[0.6600ドル]で「指値注文」が約定されるハズ。

上のチャートを見て下さい。

価格が0.6600を超えています。

なのに、決済されないのです…

あれ???

きちんとした知識が無い私が悪いのですが、調べたところ

注文時に☑︎した

【決済トレール注文】

が原因でした。

この注文履歴では、実際に指値の注文がグレーの文字で「0.6600」とありますが、

その上の(0.6620)という

この括弧の数字が【決済トレール】の『トリガー』となる価格です。

そもそもの【決済トレール注文】を理解しておりませんでした。

決済トレール注文とは

トラリピの独自機能の

【決済トレール】ですが

引用元:マネースクエア

大きく動いた時に、利益を伸ばすための機能であります。

例えば、今回のわたしの場合、

[0.6540ドル]で買って、そのまま[0.6600ドル]で売れると

《0.006ドル》の利益となります。それ以下でも以上でもない。

しかし、【決済トレール】だと

[0.6540ドル]のポジションは、まず[0.6600ドル]では売られません。

『0.6620ドル』(トリガー価格)まで上がるのを待ちます。

この価格『0.6620ドル』を超えた時点で

[0.6600ドル]の売り注文が有効となります。

(今回は、0.6620ドルまで上がらなかったから、0.6600ドルでは売られなかった。)

そしてそのまま、価格が上がって

『0.6640ドル』まで上がれば、売り注文の指値が[0.6620ドル]となって

上がれば上がるほど、本来は[0.6600ドル]で売るはずだった指値が価格の上昇と共に上がるというわけです。

もし、価格が[0.6640ドル]を超えて、次のトリガーの[0.6660ドル]に達する前に下がったら

[0.6620ドル]で約定されるということです。

本来は[0.6600ドル]で売るはずが、[0.6620ドル]で売れたことになるので、0.002ドル利益が増えることになります。

これが、【決済トレール】です。

【決済トレール】で約定されるには、まず(トリガー)を超えねばならない。

 

やっと理解が出来ました。

【決済トレール】で利益が増える日を、首を長〜くして気長に待ちたいと思います。

マネースクエア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください