看護

映画『あまくない砂糖の話』砂糖の摂り過ぎは注意。

どうも、ひゃくじゅんです。

(twitter@hyakujun_100)

わたしは、だいたい1日に2食の生活をしています。

朝食と夕食は家で家族と食べることがほとんどなので

昼食をほとんど摂らないようにしています。

この生活は、かれこれ5年くらいしていて、大幅に体重が増えることも減ることもないです。

身長は172cm

体重は、だいたい62kg

BMI=62kg÷(1.72m×1.72m)

BMI=20.9

BMI標準値は、22なので良い感じです。

先日、こんなtwitterを見かけました。

 

やはり、砂糖、糖質を摂り過ぎてはいけないでしょうね。

糖尿病や血管系の病気はもちろんのこと

精神衛生に影響したりや眠気が出やすいなどとも言われていますね。

そして、このtwitterを見たときに思い出した映画があります。

映画『あまくない砂糖の話』

オーストラリア映画史上NO.1の大ヒット!
(ドキュメンタリー部門)

世界中で肥満の増加が社会問題になっている今、日本でもその危険性は高まっていくと言われている。
ヘルシーな食生活を送っているから大丈夫、そう思っていませんか?
ヨーグルトやシリアル、フルーツたっぷりのスムージー、ヘルシーだと信じ込んでいる食品に
大量の砂糖が隠されているとしたら……?

俳優デイモン・ガモーはある日、オーストラリア人は平均で一日にスプーン40杯分の砂糖を摂取している事を知らされる。
その事実に衝撃を受け、自らが被験者となり60日間の人体実験を開始!
お菓子やジャンクフードなど明らかに砂糖の多い食品は避け、ヨーグルトなどの
“ヘルシー “な食品だけでスプーン40杯分の砂糖を毎日摂取しながら体と心の変化を記録していく。
さらに実験と並行して世界一の肥満大国アメリカに渡った彼は、
精糖業界に隠された砂糖にまつわる驚愕の事実を知ることになる。
砂糖を摂り続けるガモーの心と身体にも重大な変化が現れ始め……。

実験結果が教えてくれたのは、わたしたちの食生活に忍び寄る、砂糖の“あまくない”真実。
観れば必ず誰かに教えたくなる。あなたの食事はきっと変わる。

引用元:Amazon

 

 

 

これを観た時は、ビビりましたね。

1日ティースプーン40杯の砂糖で

こうも身体的・精神的変化が見られるなんて…

たしかに、昼食を抜くようになってから午後の睡魔に襲われることは

めっきり減りました。これは体感しています。

たまに、昼食をガッツリ食べると会議やカンファレンス中に

ひどく眠たくなります。

一概に砂糖と言っても

炭水化物(ご飯、パン、麺、パスタ)も糖だし

お菓子などの明らかに糖質だよねというもの以外でも

調味料やお酒や飲み物などにも糖質は含まれますからね。

もちろん、糖質絶対悪!糖質制限大賛成!一切糖質は摂らない!

なんて言うつもりはありませんが

やはり、何でもほどほどにしないといけないということですね。

健康診断とかで、糖尿病の恐れがあるとか診断された方は

この映画を1度観ると少し考えが変わるかもしれません。

私も食べ過ぎちゃいけないなと思いました。

 

ちなみに、わたしは糖尿病予備軍ではないですが

緑内障予備軍です・・・

視神経乳頭蒼白で眼科受診してきました。どうも、視神経乳頭蒼白のひゃくじゅんです。 (@hyakujun_100) 8月上旬に受けた職場の健康診断で眼底検査を受けた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください