珈琲

久々アウベルクラフトでコーヒーの自家焙煎。ハイロースト名人を目指します!

どうも、ひゃくじゅんです。

(twitter@hyakujun_100)

今日は、久しぶりにコーヒーの焙煎をしました。

わたしが使用している焙煎機は

アウベルクラフトの「遠赤コーヒー焙煎キット」です。

本日の生豆は、ブラジル(サントス)NO.2 17/18

ブラジルです。

本日の目指す焙煎度は、ハイローストです。

コーヒーの焙煎度には、8段階あります。

焙煎(ロースト)の基本8段階 簡単な説明

注:焙煎する生豆の種類によって豆の色(茶色の度合い)、味の傾向が変わってきます。

・生豆(なままめ・きまめ)greenbeans

香りは青臭く、農作物というのを感じます。
ニュークロップは、青々として水分が多いため焙煎は難しくなります。
オールドクロップは、多少水分が抜けているため比較的焙煎しやすい。
ニュークロップとオールドクロップの間には、パーストクロップもあります。

・ライトロースト(Light roast)


焙煎度合い ライトロースト
最も浅煎り、コク・香不足

・シナモンロースト(Cinnamon roast)


焙煎度合い シナモンロースト
シナモンに近い色
ライトローストは1ハゼ(パチパチという音)が始まる前ぐらい、
シナモンローストは1ハゼ(パチパチという音)の真ん中ぐらい

注:ライトロースト・シナモンロースト共に生豆の青臭さが残っているので、
この焙煎度ではほとんど飲まれることはありません。

・ミディアムロースト(Medium roast)


焙煎度合い ミディアムロースト
浅煎り 酸味が強く、苦味は弱い。アメリカンコーヒー用向き
ミディアムローストは1ハゼ(パチパチという音)が終わったぐらいの焙煎度です
酸味が強くて、苦味はほとんどありません。
焙煎する最初の段階の時に充分な水分抜きを行わないと、渋みが目立ち飲みにくい味わいになります
別名アメリカンローストとも呼ばれています

・ハイロースト(High roast)


焙煎度合い ハイロースト
中浅煎り 酸味はまだ残っていて、やわらかい苦味や甘味も出てきます
ハイローストは1ハゼ(パチパチという音)と2ハゼ(ピチピチという音)の中間ぐらいの焙煎度です
酸味は充分に残っていますがほんのりと苦味も感じられます

・シティロースト(City roast)


焙煎度合い シティロースト
中煎り 日本、北欧で好まれる焙煎度合いです
シティーローストは2ハゼ(ピチピチという音)が始まったぐらいの焙煎度です
酸味と苦味のバランスがよく、この焙煎度は多くのコーヒー豆に適用できバランスよく飲めます
シティーローストの「シティー」は、ニューヨークシティーからきたらしいですよ

・フルシティロースト(Fullcity roast)


焙煎度合い フルシティロースト
中深煎り イタリア・中南米タイプ
フルシティーローストは2ハゼ(ピチピチという音)のピークあたりの焙煎度です
酸味は少なくなり苦味のほうがよく感じられ、香ばしい香りが出てきます
コーヒー豆の表面に、油が出てきます。

・フレンチロースト(French roast)


焙煎度合い フレンチロースト
深煎り フランス式 イタリア・中南米タイプ
カフェオレやウィンナーコーヒー、エスプレッソ、アイスコーヒーなどに向いています。
フレンチローストは2ハゼ(ピチピチという音)の終わりぐらいの焙煎度です
酸味はほとんどなく苦味が際立ってきます
コーヒー豆の色はほとんど黒に近く(濃いこげ茶色)、表面に油が出てきます

・イタリアンロースト(Italian roast)


焙煎度合い イタリアンロースト
イタリア式 焙煎段階の中では色がもっとも黒に近くなります
苦味が強く、香ばしい香りも強く出てきてアイスコーヒーなどに向いています
イタリアンローストは2ハゼ(ピチピチという音)が完全に終わっています
コーヒー豆の油でテカテカと光っています
ほとんど酸味はなく、濃厚な苦味が際立っています

引用元:アルトコーヒー

今回、目指すコーヒーの焙煎度は、8段階中4段階の

ハイローストです。

これまでは、8段階中6段階の

フルシティローストが多かったです。

なぜならば、2ハゼのピチピチ音が嬉しいのと、フルシティローストぐらいが、ドリップして蒸す時に

もりもり盛り上がるからです。

↑もりもり盛り上がってるでしょ。

しかし今回は、ハイローストです。

なぜならば

1番コーヒーの焙煎の練習になるから

わたしの一番のお気に入りの自家焙煎珈琲店『豆散人』のアルジさんに

「焙煎の練習をするなら、浅煎りがおすすめです。」

「浅煎りは、味の誤魔化しが出来なくて、焙煎の良し悪しが出やすいです。」

「ハイローストぐらいで練習するといいでしょう。」

とアドバイスを頂いたのです。

今日の焙煎開始!

本日の火力

今回も「弱火でとろとろにキャベツの芯を煮込むようなコーヒーの焙煎作戦」でいきます。

弱火でじっくり時間を掛けて焙煎します。

焙煎開始10分

チャフは多いです。

若干色付いたのがわかります。

焙煎開始20分

大分色がついて、この後一度だけ「バチッ」と1ハゼの音がしました。

あとは、1ハゼはありませんでした。

この弱火でとろとろ焙煎作戦だと、1ハゼが起こりにくいです。

そしてハイローストは、1ハゼと2ハゼの中間です。

カセットコンロでは、いつも火力が一定とならないので、1ハゼまでの時間

1ハゼから2ハゼまでの時間などが読みにくいです。

豆の色付きを適宜観察して、その色で判断しないといけないです。

焙煎開始25分

かなり色が付きました。そろそろかな~と思います。

でも、いつ2ハゼが来るかわからないし

もし2ハゼが来たらすぐに煎り止めようと思っていました。

焙煎開始30分。煎り止め。

2ハゼらしい2ハゼは確認できませんでしたが、

もういいかなとおもって煎り止めです。

カゴの中では、ちょっと見にくい。

焙煎終了

ドライヤーで豆を冷やして、焙煎終了です。

うん、いつもよりは浅煎りです。

焙煎後、コーヒー豆の重量は、165g

浅めの焙煎で、200gの生豆が、165gに。

まずまず生豆内の水分は、ある程度飛ばせたと思います。

焙煎度の見本と比べてみます。

ハイローストよりはやや深くなったかな。

もしかしたら、シティローストぐらいかもしれません。

今回の焙煎まとめ

弱火でとろとろ作戦は意識できましたが

30分はちょっと長かったかもしれません。

25分くらいで良かったかも。今後に生かします。

さて、2日後以降に飲むのが楽しみです。

 

ハイロースト名人を目指します。

 

自家焙煎珈琲店、豆散人にアウベルクラフトで焙煎したコーヒー豆を持参して試飲してもらった話どうも、ひゃくじゅんです。 (twitter@hyakujun_100) タイトル以上も以下もないのですが 先日自分で...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください