看護

信頼度を深める簡単メソッドを紹介します!

どうも、ひゃくじゅんです。

(twitter@hyakujun_100)

こんなツイートしたら、コルクの佐渡島さんに「いいね」がもらえて

若干興奮気味のひゃくじゅんです。

(もちろん、佐渡島さんの著書「WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE.」も買って持っています。)

 

先日、グループで実習をしておりまして

とあるグループがなんだかうまくいってないなぁという印象だったのです。

「困っていることはある?」とAさんに聞くと

「Bさんばっかりが・・・だから私ができない。」

同じようにBさんに聞くと

「Aさんが・・・だからなかなか進まないです。」

ん?お互い同じこと言ってるじゃん。

こんな状況で今後うまくやっていけるの?と不安になりました。

お互いが全く信頼できていないじゃん・・・。

そこで、ハッと思い出しました。

信頼度を深める簡単メソッド

前に読んだ、尾原和啓さんの著書

『モチベーション革命』

です。

 

「モチベーション革命」を読んだ直後は

このメソッドをどのグループにも実習の最初にやってもらっていたのですが

ここ最近はすっかり忘れていました。

その方法とは、

このメソッドは2人で行います。まず、2人とも同じ方向を向いて前後に並びます。次に、前に立っている人は後ろに倒れてください。そして後ろに立っている人は、倒れてきた前の人を両手で支えてください。これを、交互に行うだけです。

実際にやってみると、後ろにいる人に身を預ける瞬間はとても不安になるものです。しかしそのぶん、倒れた身体を支えてもらった瞬間、ものすごく安心します。そして何度か繰り返すと、しだいに倒れることに慣れるようになり、倒れることに対する抵抗感がなくなってきます。

 

まずは身体で、信頼すること、信頼されることを覚えてください。ちなみに僕は実ビジネスにおいてこのメソッドをやるとき、信頼して倒れることがすっかり快感になってしまい、おかげでさまざまな新規事業を楽しんで立ち上げられるようになりました。よく周囲の人から「新規事業なんてリスクの高いことを、よくそんなにやっていられるね」と言われますが、むしろ僕は自分が失敗したとき、誰かがすっとサポートしてくれる心強さや、勇気を出そうとしている誰かの背中を支えられたときの喜びを味わえることが楽しくてプロジェクトに関わっているようなものです。

引用元:信頼を高めるシンプルな方法

方法はいたって簡単ですね。

前の人が倒れるので、後ろの人が支える。

しかし、これホントやってみると、後ろの人を信頼していないと

後ろへ倒れることができません。不安になって足を出して倒れないようにしてしまいます。

でも、その不安を振り払って倒れると後ろの人が受け止めてくれるのです。

この受け止める、受け止められるという感覚が良いのです。

信頼度を深める簡単メソッドを全部のグループにやってもらった。

信頼度を深める簡単メソッドを実習している全グループにやってもらいました。

すると面白いことに

順調に協力できているグループメンバー同士は

ほとんど躊躇せず「たのしい~」とか言いながら、後ろの人に任せて倒れるのです。

しかし、そのうまくいってないな~と思っていた2人は

全然倒れようとしない。

倒れそうになると倒れないように足を出してしまって・・・

何度か後ろで支えてくれるから大丈夫!と促してやっとできるくらいでした。

しかも、2人とも。

でも、何回かやっていると2人の表情が良くなったように見えました。

来週どんな雰囲気でやれるのか楽しみです。

まとめ

信頼度を深める簡単メソッドは、

お互いの信頼度を深める簡単な方法です。

騙されたと思ってやってみてください。

他にも、この「モチベーション革命」は、

団塊の世代と今の若者世代のモチベーションの質の違いや

偏愛などについて盛りだくさんの内容です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください