自家焙煎珈琲

【12/15】アウベルクラフトでコーヒーの自家焙煎。

どうも、ひゃくじゅんです。

(twitter@hyakujun_100)

毎週末にコーヒー豆を自宅で焙煎することを人生の楽しみのひとつにしています。

自分で生豆から焙煎して、コーヒー豆を挽いて、ドリップして飲んでるんだぜぇ〜

と、己に酔いまくっています…

さて、今週の焙煎は

【12/15】コロンビア スプレモを焙煎して、シティローストを目指す。

さて、今回も前回に引き続き、使用する生豆は「コロンビア スプレモ」です。

ハンドピックして、欠点豆を取り除いた後に200gにして焙煎を始めます。

使用する焙煎機は

アウベルクラフトの遠赤コーヒー焙煎キットです。

今回の火加減は

こんな感じ。これまでよりは強めです。

これまでずっと「ハイロースト」の練習をしてきましたが、やはりもう少し深めの焙煎度のコーヒーが飲みたくなりました。

あと、ドリップした時のモリモリとガスを発生しながら盛り上がってくるのは、シティローストやフルシティローストが盛り上がりやすくて、あのモリモリを久々に体験したいからです。

過去の写真を紹介するとこんな感じ↓

あと、『爆ぜ』が恋しくなってきたのだと思います。

では、焙煎いってみましょう。

焙煎開始、10分経過

ほんのり色が付いたかな?程度。

しかし、ここでの熱の入れ方が大切で、一気にやると外は焦げても豆の芯が生焼けになってしまうので、中まで火を通して水分を飛ばすイメージでクルクル回します。

焙煎開始、15分経過

火力がこれまでより強い分やや茶色が濃い目です。

そろそろ1ハゼが起こりそうな雰囲気。

『焙煎18分1ハゼ』

久々に「バチッ」と1ハゼが起こりました。

やはり火力と豆の内圧の関係で爆ぜるのですね。

焙煎開始、20分経過

かなり茶色になってきました。

18分で1ハゼが起きたので、そろそろ2ハゼがくるのかな〜という雰囲気です。

「焙煎開始23分2ハゼ」

今度は「ピチッパチッ」と2ハゼが起きました。

これまで「ハイロースト」で煎り止めていた時は

この2ハゼが起こる前に焙煎を終了していました。

今日は久々に2ハゼが聞けてなんだか嬉しい自分。

そして、今回は2ハゼ後そんなに焙煎を進めない予定だったので

2ハゼ後1分で煎り止めました。

焙煎開始、24分煎り止め。

要り止める直前の状態です。

ちょっとメッシュの網が光を反射していて見にくいですが

ここで煎り止めました。

もう少し焙煎すれば、「フルシティーロースト」かなぁという

きっと「シティロースト」だと思われます。

焙煎終了。

ガスコンロから下ろして、ドライヤーで熱を取ります。

うん、色鮮やかで好みな焙煎度に仕上がったと思います。

前回の11/24に焙煎したコーヒー豆と比べてみた

左が前回の焙煎した豆で、右が今回焙煎したコーヒー豆です。

やはり一段深めのような色合いですね。

焙煎後のコーヒー豆の重量は焙煎前200gだったのが、

焙煎後164gと36g分の水分が飛んだことになりますね。

2日後が飲み頃となるので楽しみです。

自分で焙煎したコーヒー豆でコーヒーを飲むのは楽しい

自分で育てた野菜たちのように

自分で焙煎したコーヒーを飲むのは

その過程がいちいち楽しいです。

そんなに難しいことでもないので、私はコーヒー好きな方には是非

自家焙煎はおススメします。

1度試しにやってみてほしいです。

では

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください