珈琲

【2/23】アウベルクラフトでコーヒー自家焙煎。グァテマラをハイローストに

どうも、ひゃくじゅんです。

(twitter@hyakujun_100)

2018年の8月にアウベルクラフトの遠赤コーヒー焙煎キットを購入して

コーヒーの自家焙煎を始めました。

だいたい毎週コーヒーの自家焙煎をやっています。

2019年2月23日自家焙煎。グァテマラ

 

今回のコーヒー豆はこちらです!

前回に引き続き「グァテマラ アカテナンゴテフヤ農園ブルボン」です!

 

『ワールドビーンズショップ』さんから生豆を購入しました。

ホームページはこちら、「ワールドビーンズショップ」

3,240円以上購入して送料無料はありがたいです。

今回の豆は

 

おすすめ焙煎度が「シティロースト」となっています。

私は今、ハイローストで煎り止める練習をしています。

浅めの焙煎は、味の誤魔化しが効かないということを聞いたので

深煎りではなく、中浅煎りの練習をしています。

浅めの焙煎をすると、苦味が強く出ずに爽やかなフルーティーな感じの焙煎を目指します。

甘みが星4つなので楽しみです。

では、焙煎いってみましょう。

ハンドピック

「タンザニア アデラAA」と同じぐらい小粒な感じです。

欠点豆もそんなに多くない感じです。

小粒なりに揃っていたと思います。

焙煎開始 火力調整

前回は、室内が煙たくなることを嫌って中庭で焙煎をしたのですが

風で火力が安定しなくて時間がものすごく掛かってしまい

モヤモヤとしたので、今回はまた室内にしました。

さて!レッツ焙煎開始!

焙煎開始 10分後

焙煎開始10分です。

カセットコンロの周りにチャフ(燃えカス)が落ちていますね。

豆の色も若干色付いています。

焙煎開始 15分後

やや火力が強かった分、14:50あたりで「バチッ」と

1ハゼが起こりました。

焙煎開始 20分後

やはり室内なので、火力が安定しています。

シャカシャカとリズムよくハンドルを回し続けます。

無心で座禅のようにハンドルを黙々と回し続けます。

確かにモーター製の物であればこの手間が不要ということですね。

焙煎開始 22分50秒 煎り止め

22:40で「ピチッ!パチッ!」と2ハゼが来ました!

すぐに火を止めました。

煎り止めです。

火力が弱めだと1ハゼが来ないことがあるので、煎り止めるタイミングが

2ハゼ直後というのは止めやすいですね。

この後、焙煎を続けるともっと黒く深煎りになっていきます。

 

焙煎終了

こんな感じになりました~

今回もおいしそうに焙煎が出来ました。

飲むのが楽しみです。

今回の焙煎のまとめ

 

こんな感じです。

焙煎前200gが、焙煎後は167gと33gの水分が飛んだことになります。

よく火が通せたということだと思います。

飲むのが楽しみです。

甘いコーヒーになったかな~

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください