珈琲

2/23に焙煎したグァテマラのコーヒー豆を挽いて淹れてみた。

どうも、ひゃくじゅんです。

(twitter_hyakujun_100)

先日、自分で焙煎したコーヒー豆をミルで挽いて

ハンドドリップで淹れて飲みました。

自分で焙煎したコーヒーを挽いて淹れるのは

なかなかの自己満足感です。

ぜひコーヒー好きな方には経験してもらいたいと思っています。

まずは、自分で豆を挽いてハンドドリップするところから始めると良いと思います。

2/23にグァテマラの生豆を焙煎した

【2/23】アウベルクラフトでコーヒー自家焙煎。グァテマラをハイローストにどうも、ひゃくじゅんです。 (twitter@hyakujun_100) 2018年の8月にアウベルクラフトの遠赤コーヒー焙...

コーヒーの淹れ方

豆選び

自分の好きなお店のコーヒー豆で構いません。

『コーヒー豆は、お挽きしますか?豆のままですか?』と店員のお姉さんに聞かれたら

「豆のままで」

とカッコよく答えましょう。

雑貨屋さんとか無印良品とかで自分の好きな瓶など買って、豆を保存しましょう。

豆を挽く!

自分の好きなミルで豆を挽きましょう。

カリタでも電動ミルでも良いです。

私が13年ほど愛用しているミルは「ザッセンハウス」です。

カリタのナイスカットミルが欲しいです。

 

ゴリゴリとハンドルを回す!

わたしの好みはやや荒挽きです。

ドリッパーに挽いた豆を移す!

ドリッパーも好きなドリッパーで良いです。

カリタでもハリオでも

わたしの愛用は「コーノ」です。円錐ドリッパーを使っています。

 

 

 

ドリップポットにお湯を入れる!湯の温度はぬるめ!

喫茶店とかで出されたコーヒーを飲もうと思ったら

舌が火傷するんじゃないかと思うぐらい熱いことがあります。

各種コーヒーの本を見ていると

お湯の温度は90度で・・・など諸説ありますが

熱すぎるのは苦手です。熱すぎて味がよくわかりません。

冷めてもおいしいコーヒーが、おいしいコーヒーではないかと思っています。

で、わざと冷めたコーヒーにするのではなく

「飲みやすい温度で飲みたい」のです。

70度ぐらいがいいような気がして、今はこれぐらいでドリップしています。

これはまだ、研究段階です。今後変わるかもしれません。

自分の好みの温度を見つけると良いのかもしれないです。

そして、ドリップポットは「細いお湯が出るもの」が良いです。

 

created by Rinker
ツキウサギジルシ(Tsukiusagijirushi)

まず、お湯を注入してすこ~し蒸らします。

お湯を投入してすこ~し蒸らします。

この時、中深煎りぐらいで焙煎後間もない豆だとモリモリと盛り上がってきます。

浅煎りだと盛り上がりにくいです。

そして、淹れ方によっては、長い時間蒸らすことがありますが

わたしは割とサラ~ッと時間を掛けずに淹れてしまします。

雑味が出ないようにということをイメージしています。

湯をどんどんドリップする。

湯をどんどんドリップします。

ここでも、あまり時間を掛けないようにしています。

コーヒー完成!!!

いかかでしょうか

王道の淹れ方とはちょっと違うかもしれませんね。

この透き通った感のある琥珀色の感じが好みです。

みなさんも豆を挽いて淹れて飲むことにチャレンジしてみてください。

では!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください