看護

小脳出血を起こしたおばあちゃん。脳ドレナージを受けました。

どうも、ひゃくじゅんです。

(twitter@hyakujun_100)

妻のおばあちゃんが5月に「小脳出血」で入院しました。

おばあちゃんが小脳出血で倒れました。どうも、ひゃくじゅんです。 (twitter@hyakujun_100) 5月下旬の出来事でした。 妻方のおばあちゃ...

入院後

脳ドレナージ

を受けました。

脳ドレナージとは

引用元:ナース専科(脳室ドレーン)

脳に直接管を入れて、脳内の圧が上がら似ように調節するためです。

脳内の圧=頭蓋内圧

脳は頭蓋骨に囲まれているので、圧が高くなると

逃げ場がありません。

頭蓋内の圧が高くなって、その圧の逃げ場がないと

周りの脳の働き・機能に影響が出てきます。

特におばあちゃんの場合

小脳出血だったので、小脳が腫れることが予測されます。

誰でもケガをしたりすると傷口が腫れますよね。

唇を噛んだりすると、唇がパンパンに腫れたりしますよね。

脳も同じように腫れます。

すると小脳の場合、すぐ近くに

脳幹

があります。

脳幹の働きとは

脳幹の働きは

脳幹には、中脳・橋・延髄があって

簡単に言うと

意識や呼吸、心臓の働きなど生命維持などの

生きていくには欠かすことのできない働きがあります。

なので、頭蓋骨内の圧が上がらないように

一定の圧を保つために「脳ドレナージ」を受けた訳です。

面会に行くたびに、微妙に高さを変えて

12cmH2Oとか設定の圧が変わっていました。

今日はここまでです。

 

【なるべくわかりやすく解剖生理学】 小脳編 看護師国家試験対策もどうも、ひゃくじゅんです。 (twitter@hyakujun_100) 自分も解剖生理学は、そんなに得意ではなかったし ...

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください